【シーズン前に】花粉症を抑えるお茶を比較・ランキング!

【シーズン前に】花粉症を抑えるお茶を比較・ランキング!

【必見】花粉症を抑える4つのお茶!

緑茶
緑茶(りょくちゃ)とは、チャノキの葉から作った茶のうち、摘み取った茶葉を加熱処理して発酵を妨げたもの、もしくはそれに湯を注ぎ、成分を抽出した飲料のこと。

 

日本においては日本茶と同意に使われることが多いです。

 

発ガン作用抑制効果・食中毒予防・虫歯予防・ダイエット効果・動脈硬化や脳卒中予防・血圧や血糖値を下げるなど、万能な効果を期待できます。

 

こちらでは、緑茶の花粉症を抑える効果に注目し、効果的な飲み方について詳しくご紹介しています。

 

 

 

甜茶
甜茶(てんちゃ)とは、中国茶の中で植物学上の茶とは異なる木の葉から作られた甘いお茶の総称。

 

古くからある薬草茶の一つで、 バラ科キイチゴ属のテンヨウケンコウシ(甜葉懸鈎子)のみが、花粉症に効果的とされています。

 

ノンカフェインで、天然の甘い味なのでカロリーは高くありません。

 

こちらでは、甜茶の花粉症を抑える効果や、効果的な飲み方について詳しくご紹介しています。

 

 

 

ルイボスティー
ルイボスとは、マメ亜科のアスパラトゥス属の一種。

 

針葉樹様の葉を持ち、落葉するときに葉は赤褐色になる。

 

葉を乾燥させて作る飲み物を「ルイボス茶(ルイボスティー)」と呼ばれ、健康茶の一種になる。

 

茶は紅茶のように赤く、ほのかに甘みがあります。

 

カフェインを含まず、タンニン濃度もごく低いので妊婦や乳児に与えても問題なく、安全性の高いお茶です。

 

活性酸素を除去し抗酸化作用で老化防止、美肌に良いことで有名ですが、花粉症にもバッチリ!

 

こちらでは、ルイボスティーの花粉症を抑える効果や、効果的な飲み方について詳しくご紹介しています。

 

 

 

なた豆茶
なた豆(鉈豆)とは、マメ亜科の一年草。

 

刀豆(トウズ、タチマメ、ナタマメ)、帯刀(タテハキ)とも呼ばれるます。

 

以前から漢方薬として知られており、近年では健康食品、健康茶としても一般的に知られるようになりました。

 

なた豆茶には、慢性鼻炎や蓄膿症などの症状の緩和に効果があると注目されています。

 

鼻炎や蓄膿症は完治に時間がかかることが多いため、長期間薬を飲み続けるのが不安、という方でもお茶なら安心です。

 

こちらでは、なた豆茶の花粉症を抑える効果や、効果的な飲み方について詳しくご紹介しています。

 

 

 

⇒【スッキリ爽快】花粉症状を抑えるお茶!

 

 

 

花粉症が起こるメカニズム

花粉が体内に侵入する

花粉は鼻や喉の粘膜から入ってきます。
体内では花粉に対する抗体(IgE抗体)をもつ細胞がつくられ、次の侵入に備えます。

 

 

 

花粉と結びついた細胞がヒスタミンを放出

体内に侵入した花粉は、IgE抗体を連結器としてマスト細胞と結合します。
それにより、マスト細胞に刺激が伝わり、ヒスタミンを始めさまざまな化学物質を放出します。

 

 

 

アレルギー症状が現れる

マスト細胞から放出された化学物質が、くしゃみやかゆみなどの不快な症状を引き起こします。

 

 

 

花粉症の主な症状と悪化で起こる病気
目の充血 アレルギー性結膜炎
皮膚の赤み・かゆみ アレルギー性皮膚炎
咳・くしゃみ ぜんそく、アレルギー性鼻炎

 

⇒【鼻スプレー】花粉症に効くおすすめの市販点鼻薬

 

 

 

花粉飛散量が多くなる気象条件と時期

目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状は、体が花粉を「異物」として認識することで引き起こされます。

 

風にのって花粉が飛散するスギ花粉の場合、1月から飛散が始まり、3〜4月をピークに5月まで続きます。

 

 

 

  • 晴れて、気温が高い日
  • 空気が乾燥して、風が強い日
  • 雨上がりの翌日や、気温が高い日が2〜3日続いた後

 

 

 

こういった気象が続くと花粉の飛散量が多くなります。

 

 

 

1月 ハンノキ
2月 ハンノキ、スギ
3月 スギ、ヒノキ、サクラ
4月 スギ、ヒノキ、サクラ、コナラ、クヌギ、イチョウ、スズメノテッポウ
5月 ヒノキ、サクラ、コナラ、クヌギ、イチョウ、スズメノテッポウ、カモガヤ、オオアワガエリ
6月 スズメノテッポウ、カモガヤ、オオアワガエリ
7月 カモガヤ、オオアワガエリ、ヒメガマ、カマ、イネ
8月 オオアワガエリ、ヒメガマ、カマ、イネ、ブタクサ、オオブタクサ、ヨモギ
9月 ブタクサ、オオブタクサ、ヨモギ、カナムグラ
10月 ブタクサ、オオブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、セイタカアキノキリン
11月 セイタカアキノキリン
12月

 

⇒【最新】年間の花粉飛散予測

 

 

 

花粉症が発症しやすい時期と花粉の種類

花粉症と一言でいっても、アレルギーの種類や体質によって、症状が現れる時期は異なります。

 

例えば、スギ花粉による花粉症の場合は春先の発症が多く、ブタクサやヨモギなどによる花粉症の場合は夏から秋にかけての時期に症状が出るのです。

 

花粉は年中飛散しているものなので、冬の12月頃でも花粉症体質の方は油断してはいけません。

 

花粉症の原因となる花粉は医療機関で特定することができます。

 

どの花粉が自分の花粉症を引き起こすのか特定できていれば、時期に応じて、適切な対策を講じることができるわけです。

 

 

 

花粉症を抑える食事方法
  • 鮮度の悪い食べ物は控える
  • 肉・魚・卵・牛乳・大豆など、高タンパク質といわれている食品を生で食べない
  • 冷蔵庫で冷やしたものを食べたり飲んだりしない
  • 火を通した緑黄色野菜や海草をしっかり食べる
  • ゆっくりよく噛んで食べる

 

⇒【詳細】花粉飛散時期とその種類

 

 

 

花粉症の民間療法でお茶が良いとされている理由

花粉症を抑える民間療法として、代表的な方法には「お茶」が挙げられます。

 

花粉症の時期になると、お茶の話題も特に多くなります。

 

お茶は、薬のように飲んですぐ効くものではなく、十分な効果の根拠があるわけでもありませんが、花粉症を抑えるために効果的とされるお茶には「臨床実験」などが行われている、信頼性の高いものもあります。

 

 

 

薬では得られない「花粉症を抑える」以外の効果

花粉症を抑えるために効果的なお茶には、ヒスタミンの抑制や抗アレルギー作用のある成分だけでなく、美容、健康面に対しても効果的な成分も含まれていることが多いです。

 

「ノンカフェイン」「低カロリー」「オーガニック」などの原材料から選べたり、家族で愛用したい場合、安全性やお手軽さを重視して選べることも需要の高さの一つでしょう。

 

お茶を使った療法は、薬物治療を受けたくない、受けたいけど子供・妊婦さん・高齢などがネックとなり受けれない、という方でも身体に優しく、多種ある民間療法の中でも、費用対効果が高い方法と言えます。

 

 

 

花粉症を抑えるお茶のメリット・デメリット

メリット
  • 大きな副作用の心配がない
  • 子供・高齢者でも安心
  • 妊婦さんや授乳中でも摂取できる
  • 他の薬との併用が可能
  • 花粉症状の抑制+αの効果も期待することができる(リラックス作用・美肌作用・免疫力向上など)
デメリット
  • 薬のような即効性や劇的な効果を期待できない
  • 作る(煮出したりなど)手間がかかる場合がある
  • 個人差があり、自分に合ったお茶を探す必要がある

 

 

 

花粉症を抑えるお茶の効果的な飲み方

スギ・ヒノキ・イネなどの花粉症状のある花粉が飛散する3ヶ月以上前から飲み始めると、発症自体を防げたり、発症しても軽い症状で済む可能性が高くなります。

 

もちろん、花粉症が発症してしまってから飲んでも、症状の悪化を抑える効果は期待できます。

 

重要なことは体内で「常にお茶の有効成分を働かせおく」ということなのです。

 

花粉は年中飛散しているため、自分に合ったお茶を見つけ、毎日の食生活に取り入れて、飲むことを習慣化させましょう。

 

⇒【おすすめ】花粉症対策グッズ

 

 

 

花粉症に効く代表的な薬とお茶のコスパを比較

パブロン鼻炎カプセルs

容量 24カプセル(6日分)
価格 980円
1日あたり 164円

 

 

 

ストナリニZ

容量 10錠(10日分)
価格 1420円
1日あたり 179円

 

 

 

アレグラFX

容量 14錠(7日分)
価格 1316円
1日あたり 203円

 

 

 

アレジオン10

容量 6錠(6日分)
価格 1790円
1日あたり 220円

 

⇒【内服】花粉症に効くおすすめの市販鼻炎薬

 

 

 

 

 

えぞ式すーすー茶

容量 1袋90g(3g×30包)/ティーバッグ
価格 2838円
1回あたり 95円
特徴 3種類の茶葉のブレンドバランス

 

 

 

プレミアムルイボスティー

容量 1袋120g(4g×30個入)/ティーバッグ
価格 3000円/お試し970円
1回あたり 100円
特徴 低価格・高品質

 

 

 

白井田七。茶

容量 1箱30g(1g×30包)/スティック
価格 3314円/初回1980円
1回あたり 110円
特徴 完全無農薬・有機栽培

 

 

 

【厳選3品】花粉症を抑えるお茶ランキング!

さくらの森「白井田七。茶」

日本で1番最初に有機JAS認証を取得した「100%オーガニック」の緑茶。


漢方では上薬とされている極少の「有機田七人参」を配合。


緑茶の抗ヒスタミン作用だけでなく、田七人参の免疫力向上との相乗効果が、花粉症・アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎を抑える、止める作用もあるとされ、非常に期待できるお茶。


粉末タイプなので、有効成分を余すことなく吸収できる。


TV・ラジオ・新聞だけでなく、有名グルメ漫画「美味しんぼ101巻」でも紹介されたりと、数多くのメディアが注目する完全無農薬・有機栽培のお茶。



北の快適工房「えぞ式すーすー茶」

1杯の飲むだけで、たった30分で効果を実感できる


そんなスッキリ爽快なお茶が「えぞ式すーすー茶」。


えぞ式すーすー茶はアレルギー性鼻炎、花粉、そして「鼻水が止まらなくて困ってる」「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい」そんなお悩みを、薬を服用した時のような眠気を引き起こさずに解消できる、ノンカフェインのお茶となっています。



ティーライフ「プレミアムルイボスティー」

強力な「スーパーオキシド消去活性」により、花粉症だけでなく、お肌のために愛用している方も多い「プレミアムルイボスティー」。


ティーライフのルイボスティーは他社のお茶よりも飲みやすく、美味しいことが特徴の一つ。
ゼロカロリー・ノンカフェインということで、妊婦さんの愛用者も多くみられます。


ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンB2・カリウム・マグネシウムなどの栄養素も、無理なく摂取できます。



※このランキングは、当サイトからの年間販売数、運営スタッフの試飲による実体験のデータに基づき、総合判断の結果を反映させています。

 

 

 

 

 

以上、花粉症に効果的なお茶の種類、効果、効果的な飲み方についてご紹介しました。


花粉症に対して、お茶の有効性の高さがお分かりいただけたと思います。
最後に、花粉症を抑えるお茶の中でも特にオススメの1品をご紹介します。


このお茶を生活習慣に取り入れれば、きっと、1日も早い花粉症の悩みの解消に役立つはずです。




【スッキリ爽快】花粉症状を抑えるお茶

毎年、花粉症状にお悩みの方には「白井田七茶」という、お茶がオススメです。


有機JAS認証の緑茶・田七人参が使用されていて、無農薬・有機栽培で作られた茶葉の成分を丸ごと摂取できる、粉末タイプの緑茶です。
数十社のTV・新聞・雑誌にも取り上げられ、食をテーマとした人気漫画「美味しんぼ」にも掲載されています。


白井田七茶の緑茶成分には、アレルギー反応を抑制する「茶カテキン」、アレルギーの原因となる抗体の産生を抑制する「ストリクチニン」というものが含まれているので、花粉症状を抑制してくれます。


また、免疫力アップに効果的な田七人参も使用されているので、花粉症の体質改善効果も期待できます。


粉末なので、暑い夏にはキンキンのアイスで、寒い冬にはアツアツのホットで作れ、年中おいしく飲めますよ♪


今なら期間限定特別価格47%OFF・15日間返金保証・送料無料キャンペーン開催中!
ご興味のある方は、お得なキャンペーンが終わる前にぜひチェックしてみてくださいね!


⇒【15日間返金保証】白井田七茶 期間限定キャンペーン開催中!