花粉症シーズンに飲んでおきたいお茶の比較・ランキングサイト

花粉症対策のお茶

花粉症に効果的とされる4つのお茶

甜茶 緑茶

花粉症などのアレルギーに効果的とされる代表的なお茶。甘味があり、子供にも人気が高い。

 

甜茶と同様の人気を誇る緑茶。アレルギー反応を抑制する茶カテキンは抗アレルギー剤に匹敵!

 

なた豆茶 ルイボスティー

口臭対策として有名になったお茶。花粉症対策として、なた豆特有成分「カナバニン」が近年大注目。

 

カフェインを含まず、タンニン濃度もごく低いお茶。SODの活性が高く、抗酸化作用が花粉症に大活躍!

 

 

花粉症のメカニズムと主な症状

目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状は、体が花粉を「異物」として認識することで引き起こされます。
風にのって花粉が飛散するスギ花粉の場合、1月から飛散が始まり、3〜4月をピークに5月まで続きます。

 

花粉が体内に侵入する

花粉は鼻や喉の粘膜から入ってきます。
体内では花粉に対する抗体(IgE抗体)をもつ細胞がつくられ、次の侵入に備えます。

 

花粉と結びついた細胞がヒスタミンを放出

体内に侵入した花粉は、IgE抗体を連結器としてマスト細胞と結合します。
それにより、マスト細胞に刺激が伝わり、ヒスタミンを始めさまざまな化学物質を放出します。

 

アレルギー症状が現れる

マスト細胞から放出された化学物質が、くしゃみやかゆみなどの不快な症状を引き起こします。

 

主な症状

  • 目が充血する=アレルギー性結膜炎
  • 皮膚に赤みやかゆみがでる=アレルギー性皮膚炎
  • 咳やくしゃみが出る=ぜんそくアレルギー性鼻炎

⇒花粉の時期に売れ筋の点鼻薬

 

 

 

花粉症の民間療法でお茶が良い理由

花粉症に対しての民間療法として代表的な手段には「お茶」があげられます。
花粉症の季節になると特に話題も多くなります。
薬のように飲んですぐ効くものではなく、十分な効果の根拠があるわけではありませんが、花粉症に有効とされるお茶には臨床実験などが行われているものもあります。

 

薬では得られない「花粉症状の緩和以外」の作用

花粉症に効果的なお茶にはヒスタミンの抑制や抗アレルギー作用のある成分だけでなく、美容、健康面に対しての有効成分も含んでいることがほとんどです。
「ノンカフェイン」「低カロリー」「オーガニック」などの原材料で選べたり、家族で愛用できる安全性やお手軽さも需要の高さの一つでしょう。

 

薬物治療を受けたくない、受けれない(子供・妊婦さんなど)という人の身体にも優しく、多様にある民間療法の中でも、費用対効果は高い手段と言えます。

 

花粉症に効果的なお茶のメリット・デメリット

メリット
  • 大きな副作用の心配がない
  • 子供・高齢者でも安心
  • 妊婦さんや授乳中でも摂取できる
  • 他の薬との併用が可能
  • 花粉症軽減+αの効果も期待することができる(リラックス作用・美肌作用・免疫力向上など)
デメリット
  • 薬のような即効性や劇的な効果は期待できない
  • つくる(煮出したりなど)手間がかかる
  • 個人差があり、自分に合ったお茶を探す必要がある

 

花粉症に効果的なお茶の上手な飲み方

花粉症状のある花粉が飛散する1ヶ月以上前から飲み始めると、発症自体を防げたり、発症しても軽い症状で済む可能性が高くなります。
もちろん、花粉症が発症してしまってから飲んでも、症状の悪化を抑制する効果は期待することができます。

 

重要なことは体内で「常にお茶の有効成分を働かせおく」ということなのです。
花粉は年中飛散しているため、自分に合った花粉症に効果的なお茶を見つけることができれば、あとは毎日の食生活に取り入れて習慣化しましょう。

⇒花粉症に効果的な実力派のお茶

 

 

 

代表的な花粉症の薬とお茶の比較(値段・コストパフォーマンス)

パブロン鼻炎カプセルs

容量 24カプセル(6日分)
価格 980円
1日あたり 164円

 

ストナリニZ

容量 10錠(10日分)
価格 1420円
1日あたり 179円

 

アレグラFX

容量 14錠(7日分)
価格 1316円
1日あたり 203円

 

アレジオン10

容量 6錠(6日分)
価格 1790円
1日あたり 220円

⇒花粉の時期に売れ筋の鼻炎薬

 

 

 

えぞ式すーすー茶

容量 1袋90g(3g×30包)/ティーバッグ
価格 2838円
1回あたり 95円
特徴 3種類の茶葉のブレンドバランス
公式サイト ⇒実施中のキャンペーンをチェック

 

プレミアムルイボスティー

容量 1袋120g(4g×30個入)/ティーバッグ
価格 3000円/お試し970円
1回あたり 100円
特徴 低価格・高品質
公式サイト ⇒実施中のキャンペーンをチェック

 

白井田七。茶

容量 1箱30g(1g×30包)/スティック
価格 3314円/初回1980円
1回あたり 110円
特徴 完全無農薬・有機栽培
公式サイト ⇒実施中のキャンペーンをチェック

 

 

 

花粉症対策で実力の高いお茶ランキング

さくらの森「白井田七。茶」

 

日本で1番最初に有機JAS認証を取得した「100%オーガニック」の緑茶。

 

漢方では上薬とされている極少の「有機田七人参」を配合。
緑茶の抗ヒスタミンだけでなく、田七人参の免疫力向上との相乗効果が、花粉症・アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎の軽減、抑制に対して非常に期待できるお茶。
粉末タイプにすることで有効成分の吸収率も高い。

 

TV・ラジオ・新聞だけでなく、有名グルメ漫画「美味しんぼ101巻」でも紹介されたりと、数多くのメディアが注目する完全無農薬・有機栽培のお茶。

 

北の快適工房「えぞ式すーすー茶」

 

鼻炎・花粉の対策と言えば、乾き目、涙目、そして強烈な睡魔に襲われる対策しかありませんでしたが、1杯のお茶で、しかもたった30分で効果を実感できる
そんなスッキリ爽快なお茶が「えぞ式すーすー茶」。

 

えぞ式すーすー茶はアレルギー性鼻炎、花粉、そして「鼻水が止まらなくて困ってる!」「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい!」そんなお悩みを眠気を引き起こさずに解消する、ノンカフェインの健康茶となっています。

 

ティーライフ「プレミアムルイボスティー」

 

強力な「スーパーオキシド消去活性」により、花粉症だけでなく、お肌のために愛用している人も多い「プレミアムルイボスティー」。

 

ティーライフのルイボスティーは他社のものより飲みやすく、美味しいことが特徴の一つです。
ゼロカロリー・ノンカフェインということで、妊婦さんの愛用者も多くみられます。

 

ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンB2・カリウム・マグネシウムなどの栄養素も無理なく摂取できます。

 

 

 

 

知っておきたい花粉の時期と種類

月別花粉飛散表

1月 ハンノキ
2月 ハンノキ、スギ
3月 スギ、ヒノキ、サクラ
4月 スギ、ヒノキ、サクラ、コナラ、クヌギ、イチョウ、スズメノテッポウ
5月 ヒノキ、サクラ、コナラ、クヌギ、イチョウ、スズメノテッポウ、カモガヤ、オオアワガエリ
6月 スズメノテッポウ、カモガヤ、オオアワガエリ
7月 カモガヤ、オオアワガエリ、ヒメガマ、カマ、イネ
8月 オオアワガエリ、ヒメガマ、カマ、イネ、ブタクサ、オオブタクサ、ヨモギ
9月 ブタクサ、オオブタクサ、ヨモギ、カナムグラ
10月 ブタクサ、オオブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、セイタカアキノキリン
11月 セイタカアキノキリン
12月

⇒花粉の飛散時期と種類

 

花粉の飛散量が多くなる気象条件

  • 晴れて、気温が高い日
  • 空気が乾燥して、風が強い日
  • 雨上がりの翌日や、気温が高い日が2〜3日続いた後

 

花粉症を引き起こす花粉の種類は人によって違う

花粉症とひとことで言っても、アレルギーの種類や体質によって、症状が現れる時期は異なります。
例えば、スギ花粉による花粉症の場合は春先の発症が多く、ブタクサやヨモギなどによる花粉症の場合は夏から秋にかけての時期に症状が出るのです。
花粉症の原因となる花粉は医療機関で特定することができます。
どの花粉が自分の花粉症を引き起こすのか特定できていれば、時期に応じて、適切な対策を講じることができるわけです。

 

民間療法と併せて行いたい食生活

  • 鮮度の悪い食べ物は控える
  • 肉・魚・卵・牛乳・大豆など、高タンパク質といわれている食品を生で食べない
  • 冷蔵庫で冷やしたものを食べたり飲んだりしない
  • 火を通した緑黄色野菜や海草をしっかり食べる
  • ゆっくりよく噛んで食べる

⇒話題の花粉症対策グッズ

 

 

 

●食生活にお茶をプラス●
中医学では、花粉症は主に食事バランスが悪いことと寝不足などからくる疲労のために、体内の「気」が弱っている人がなりやすいとされています。食事とその他の生活習慣を見直すことで良い「気」を養えば、体を守ってくれるバリアとなる衛気も強くなり、花粉に対する過剰な反応を抑えてくれるというのが花粉症対策の基本的な考え方です。食事のポイントは「野菜」と、良質な「タンパク質」を十分に摂ることと「甘いもの」「脂っこいもの」はできるだけ控えることです。食事による体質改善は長く行えばそれだけ効果を期待できますが、花粉症のシーズンに入ってすでに症状が出てからでも、食事に気を付けることで症状の現れ方に変化がみられる場合も珍しくありません。花粉症に効果的とされるお茶は、こういった食事生活にとり入れやすいのでオススメです。

 

●生活習慣にお茶をとり入れる●
花粉症に「疲労」は大敵です。肉体的・精神的に疲れていると体のバリアとなる衛気が弱くなり、本来、体に影響のない花粉でも強い刺激となって体内に入りやすくなります。疲れをとるには「睡眠をしっかりとること」になりますが、特に、午後10時から深夜2時までは体に備わっている修復機能が最も活発に働くとされているため、この時間帯に熟睡していることが理想的です。夜更かしを控え、照明や音など、安眠できる環境つくりも大切です。また、花粉症になりやすい人は寒さや暑さといった温度に敏感な傾向があるので、衣類などを上手に利用して、体温調節を簡単にできるようにしておくこともポイントです。薄手の羽織物を重ねて着ておくと、体感温度に合わせて脱着することもできるので非常に便利です。こういった花粉症対策にお茶をとりいれることで、リラックス作用や体温調節に大活躍してくれます。